AXP(Application eXtension Platform)/syslogについて

バージョン 1

    AXP(Application eXtension Platform)へ戻る

     

    syslogの設定

    AXPOSでのsyslogは、以下の方法で設定を行います。

    AXP# conf t
    AXP(config)# app-service test
    AXP(config-test)# log level debug

    log levelコマンドを投入することで、/etc/syslog.conf の以下の部分が書き換えられ、syslogdがリスタートします。

    # Log anything (except mail) of level info or higher.
    # Don't log private authentication messages!
    *.debug;mail.none;authpriv.none;cron.none               |/dev/logmgr.pipe

     

    AXP上でログを確認する場合は、

    AXP# app-service test
    AXP(exec-test)# show log messages.log

    AXP(exec-test)# show log messages.log tail

    で確認をすることができます。また、ログが大きい場合は、

    AXP(exec-test)# copy log messages.log url ftp://sample/messages.log

    のように、ファイルを別のサーバに転送し確認することができます。

     

     

    syslogサーバに送信

    通常のlinuxシステムのように、syslogサーバに送信をすることもできます。 この場合、以下の方法で設定を行います。

    AXP# conf t
    AXP(config)# app-service test
    AXP(config-test)# log server address syslog.example.com

     

     

    syslogの例

    以下に、syslogに出力するサンプルのスクリプトを紹介します。

    #!/bin/env python
    import syslog

    syslog.openlog('test',syslog.LOG_PID|syslog.LOG_NDELAY,syslog.LOG_LOCAL1)
    syslog.syslog(syslog.LOG_WARNING,'syslog test')
    syslog.closelog()

     

     

    詳細については、AXP 1.6 User Guide - Logging を参照してください。