AXP(Application eXtension Platform)/NFSクライアントでリモートをマウント

バージョン 1

    AXP(Application eXtension Platform)へ戻る

     

    AXP 1.5.3 から追加された機能として、NFSクライアントでリモートマシンのディレクトリをマウントすることができます。

     

    1. まず、NFSでマウントできるサーバを用意します。
    2. バーチャル・インスタンスに、マウントするためのディレクトリを作成します。ディレクトリは、必ず /mnt/filesystem 内でなければなりません。  
      se# app-service test
      se(exec-test)# connect console
      bash-3.2# cd /mnt
      bash-3.2# mkdir filesystem
      bash-3.2# cd filesystem
      bash-3.2# mkdir my_mount
    3. 次に、AXPから、bind filesystem コンフィグを投入します。
      この例では、10.1.1.20 サーバの/opt/my_export にNFSでマウントします。
      se# conf t
      se(config)# app-service test
      se(config-test)# bind filesystem 10.1.1.20 /opt/my_export ←ここでは、わざとエラーを出してマウント可能な名前を表示させています。
      ERROR:  Application test provided multiple bind points.  Please specify which bind point to use.
         Possible bind points:
           my_mount
      se(config-test)# bind filesystem 10.1.1.20 /opt/my_export my_mount
      The operation completed successfully.
      se(config-test)# end

     

    詳細については、Developer Guide - Cisco AXP Features - NFS Client を参照してください。