AXP FAQ

Document created by shirose on Sep 15, 2010Last modified by shirose on Apr 21, 2011
Version 12Show Document
  • View in full screen mode

AXP(Application eXtension Platform)へ戻る

 

  1. 「Connection refused by remote host」と表示され、指定したモジュールにセッションが開始できません。
  2. AXPをアップグレードする方法を教えてください。
  3. CentOS 5.2をインストールしたいのですが、どこからダウロードできますか。
  4. パッケージをアンインストールしたいのですが、uidがわかりません。
  5. パッケージをインストールできません。
  6. AXPのアップグレードしたところ、Validation Error: list index out of range が発生します。
  7. 「Error encountered when running console program」と表示され、コンソールが終了します。
  8. バーチャルインスタンスが定期的に再起動します。
  9. サービスモジュールのセッションに認証を追加したい。
  10. アプリケーション開発の際、使えないポートはありますか?
  11. /proc や /dev のファイルシステムの変更ができません。
  12. IPフォワーディングを有効にすることができません。
  13. /etc/resolv.conf の設定。
  14. %LICENSE-1-REQUEST_FAILED:License request for feature AXP-GP-LIC 1.0 failed in this device

 


「Connection refused by remote host」と表示され、指定したモジュールにセッションが開始できません。

 

Router#service-module integrated-Service-Engine 2/0 session
Trying 10.10.10.1, 2130 ...
% Connection refused by remote host

session clear で、現在のセッションをクリアしてください。

Router#service-module integrated-Service-Engine 2/0 session clear
[confirm]
[OK]
Router#service-module integrated-Service-Engine 2/0 session
Trying 10.10.10.1, 2130 ... Open

 

 


AXPをアップグレードする方法を教えてください。

AXPのアップグレードについては、各バージョンの Release Note にある「Upgrading and Downgrading to a New Software Release」の章を参照してください。

 

 


CentOS 5.2をインストールしたいのですが、どこからダウロードできますか。

CentOS 5.2 は、 http://vault.centos.org/5.2/ よりダウンロードできます。

 

 


パッケージをアンインストールしたいのですが、uidがわかりません。

uidの確認は、「show software versions detail」コマンドで確認することができます。

また、「software uninstall uid-list ?」 と入力することで、現在インストールされているUID一覧を得ることができます。

 

 


パッケージをインストールできません。

パッケージをインストールするためには、シスコから許可証明書 auth_bundle.sig が必要です。 開発システムの準備 を参照してください。  また、1.0 SDKで作成したパッケージを1.1へインストールすることはできません。AXPのバージョンと一致したSDKをご利用ください。

 

同じ名前でパッケージをダウンロードする場合は、ダウンロード済みファイルとして処理されます。software remove downloadfilesコマンドでダウンロードファイルを削除してください。

AXP#software remove downloadfiles
Download files removed

 

以下のようなエラーが発生する場合は、パッケージ作成時のキーとインストール先のAXPプラットフォームが異なる場合に発生します。正しいキーで作成をしてください。キーがない場合は、新たに申請をして取得をしてください。

Downloading ftp sample.1.0.pkg
Bytes downloaded :  7915

Validating package signature ...
Trying Third Party verification
Validating new manifest file /dwnld/pkgdata/sample.1.0.pkg from package /dwnld/pkgdata/sample.1.0.pkg
Validation Failed: Package "sample.1.0.pkg" is not allowed to run on platform "ISM-SRE-300-K9"
ERROR get_pkg_list:Package signature validation failed for sample.1.0.pkg
Package signature validation failed for sample.1.0.pkg

 


AXPのアップグレードしたところ、Validation Error: list index out of range が発生します。
Validating package signature ...
Trying Third Party verification
Validating new manifest file /dwnld/pkgdata/axp-k9.nme.1.5.2.pkg from package /dwnld/pkgdata/axp-k9.nme.1.5.2.pkg
Validation Error:  list index out of range
Package signature validation failed for axp-k9.nme.1.5.2.pkg

このようなエラーがでる場合は、WinZip など Windowsのunzipユーティリティを使用することで発生する場合があります。  linux の tar コマンドを使うか、他のユーティリティを使用してください。

 

 


「Error encountered when running console program」と表示され、コンソールが終了します。
バーチャル・インスタンスが定期的に再起動します。

watchdogスクリプトを実行している場合に、status-monitorのしきい値を超えた場合、バーチャル・インスタンスが再起動されます。

もし、以下のように、message.logのSTART間隔がほぼ一定の場合は、watchdogスクリプトを確認してください。

bash-3.2# tail /var/log/messages.log
08:06:16 logmgr: START
08:12:32 logmgr: START
08:18:50 logmgr: START

また、show status-monitorコマンドを入力することで、watchdogの状態を確認することができます。

AXP(exec-sample)# show status-monitor
Application:                   Empty_SME
Monitor status:                PASSED <-- (1)
Monitor in progress:           No
Last executed watchdog:        W01sample.sh
Last executed date:            Fri Dec 24 07:31:12 GMT 2009
Last failed watchdog:          W01sample.sh
Last failed return code:       2 <-- (2)
Last failed date:              Fri Dec 24 07:29:10 GMT 2009 <-- (3)
Last restarted date:           Fri Dec 24 07:02:11 GMT 2009
Recovery threshold:            5
Monitor interval:              12

(1)がPASSEDでなく、RECOVERYである場合、(2)のリターンコードおよび、(3)のLast failed dateが更新されていないか確認します。この状態が続く場合、Recovery threshold と Monitor interval の閾値を超えると再起動します。

 

 

サービスモジュールのセッションに認証を追加したい。

サービスモジュールへのセッションへ認証を入れたい場合、以下に例を示します。

Router# cont t
Router(config)# username user123 password 0 pass123
Router(config)# aaa new-model
Router(config)# end
Router# copy run start
Destination filename [startup-config]?
Building configuration...

[OK]
Router# service-module integrated-Service-Engine 1/0 session
Trying 1.2.3.4, 2066 ... Open


User Access Verification

Username: user123
Password:
se-1-2-3-4#

 

 

アプリケーション開発の際、使えないポートはありますか?

SSH(TCP 22)やHTTP(TCP 80)などは、AXPの設定により利用できなくなります。AXPのポート利用状況については、Users Guide - Appendix 2: Cisco AXP Port Usage を参照してください。

 

 

/proc や /dev のファイルシステムの変更ができません。

標準の設定では、/proc や /dev のファイルシステムの変更はできません。これらの変更を行うためには、capabilities configurationを指定してパッケージをビルドする必要があります。

Advanced Features Guide の Capabilities を参照してください。

Hint

pkg_build.sh に --cap-config /capabilities_fileを指定します。 capabilities_file の例は、以下のようになります。

@BCAPABILITIES=
SYS_ADMIN

@PROCFS=
/proc/sys/net/ipv4/ip_forward 1

 

 

IPフォワーディングを有効にすることができません。

IPフォワーディングを有効にするため、/proc/sys/net/ipv4/ip_forward の設定を行いましたが、Operation not permittedと表示され、設定が変更できません。

bash-3.2# echo 1 > /proc/sys/net/ipv4/ip_forward
bash: /proc/sys/net/ipv4/ip_forward: Operation not permitted

/proc や /dev のファイルシステムの変更ができません。を参照してください。

 

 

/etc/resolv.conf の設定。

/etc/resolv.conf は、app-service 内に記載することで自動的に生成されます。

AXP# conf t
AXP(config)# app-service test
AXP(config-test)# ip domain-name cisco.com
AXP(config-test)# ip name-server 10.10.10.10
AXP(config-test)# end

 

 

%LICENSE-1-REQUEST_FAILED:License request for feature AXP-GP-LIC 1.0 failed in this device

license evaluation enable AXP-GP-LICを投入して、評価ライセンスを有効にしてください。

AXP# app-service test
AXP(exec-test)# license evaluation enable AXP-GP-LIC
Evaluation licenses are being activated in the device for the following feature(s):

           Feature Name: AXP-GP-LIC
   PLEASE  READ THE  FOLLOWING TERMS  CAREFULLY. INSTALLING THE LICENSE OR
~省略~
Do you accept the EULA [y/n]? : y
Feature Activated

 

 

 

 


Attachments

    Outcomes