AXP(Application eXtension Platform)/FAQ

バージョン 1

    AXP(Application eXtension Platform)へ戻る

     


    AXPでの開発をしたいのですが

    こちらを参照ください。


    パッケージをインストールできません。

    パッケージをインストールするためには、シスコから許可証明書 auth_bundle.sig が必要です。 開発システムの準備を参照してください。

    また、1.0 SDKで作成したパッケージを1.1へインストールすることはできません。AXPのバージョンと一致したSDKをご利用ください。


    パッケージをアンインストールする際のUIDがわからなくなりました

    AXP# software uninstall uid-list ?

    と入力することで、現在インストールされているUID一覧を得ることができます。

    また、以下のコマンドを入力することで、インストールされているsoftwareの詳細情報を得ることができます。

    AXP# show software versions detail


    パッケージのアップグレードができません。

    パッケージをアップグレード(software install upgrade)するためには、以下の条件を満たす必要があります。

    1. パッケージ(同じ名前)が既にインストール済みでなければなりません。
    2. 同じuuidでなければなりません。
    3. バージョン番号が異なる必要があります。


    ゲストOS上でファイルを編集しようとしたところ、書き込みができません。([readonly]です)

    ※ 1.5では、unprotectコマンドは存在しません。

    /etc/profile, /etc/bashrc などは、書き込み保護がかかっています。unprotectコマンドで保護を解除することができます。

    bash# unprotect /etc/profile


    AXPのアップグレードしたところ、Validation Error: list index out of range が発生します。

    Validating package signature ...
    Trying Third Party verification
    Validating new manifest file /dwnld/pkgdata/axp-k9.nme.1.5.2.pkg from package /dwnld/pkgdata/axp-k9.nme.1.5.2.pkg
    Validation Error:  list index out of range
    Package signature validation failed for axp-k9.nme.1.5.2.pkg

    このようなエラーがでる場合は、WinZip など Windowsのunzipユーティリティを使用することで発生する場合があります。

    linux の tar コマンドを使うか、他のユーティリティを使用してください。


    パッケージ作成中(pkg_build.sh)、処理が停止してしまいました。

    core.logを確認してください。core.logは、project-dirオプションで指定したフォルダのtmpフォルダにあります。

    --project-dir '/opt/AXP/apps/helloworld/package'

    このような指定の場合、core.logは、/opt/AXP/apps/helloworld/package/tmp/core.log です。

    既知の問題として、libpcre.soが見つからないため、

    Do you wish to continue packaging without these files(y,n)? Please answer y to continue, no to exit:

    の表示(core.log上)で停止してしまうことがあります。このときは、

    ln -s /lib/libpcre.so.0  /lib/libpcre.so

    のようにして対応します。


    ゲストOSのコンソールにアクセスしたい

    コンソールアクセス権の取得を参照してください。


    scpを使い、ゲストOSから(へ)ファイル転送をしたい

    Version 1.5

    scpは、RPM よりインストールします。RPMのインストール方法については Installing RPMsを参照してください。


    Version 1.0 1.1

    scpは、package axp-ssh.<platform>.<version>.pkg または axp-app-dev.<platform>.<version>.pkg に含まれています。

    これを利用するためには、--deps オプションを使いパッケージを作成してください。(コンソールアクセス権の取得を参照 )

    手順は、以下のようになります。

    1. axp-sshまたはaxp-devパッケージに依存したパッケージを作成します。
    2. AXPにインストールします。
    3. アプリケーションをインタフェースにバインドします(bind iterface)
    4. トンネルユーザを作成します(ip ssh username)
    5. SSHサーバを有効にします(ip ssh server)