AXP(Application eXtension Platform)/Tomcat

バージョン 2

    AXP(Application eXtension Platform)へ戻る

     

    ※ この情報は、AXP 1.1.x 用の情報です。

     

    Tomcatパッケージの利用

    Tomcatを利用するには、アプリケーションに依存関係を設定をする必要があります。

    ここでは、Tomcatを依存関係に設定したパッケージの作成方法について記載します。

    1. helloworldの例に従い、hellotomcatパッケージフォルダを作成します。
      [~]# cd /opt/AXP/apps
      [apps]# mkdir hellotomcat
      [apps]# cd hellotomcat
      [hellotomcat]# mkdir -p build/bin
      [hellotomcat]# mkdir -p build/opt/tomcat/conf
      [hellotomcat]# mkdir -p package
      ※ Tomcatは、/opt/tomcatにインストールされます。tomcat-users.xmlを設定するため、build/opt/tomcat/conf を作成しています。
    2. tomcat-users.xmlを設定します。
      <?xml version='1.0' encoding='utf-8'?>
      <tomcat-users>
        <role rolename="admin"/>
        <role rolename="tomcat"/>
        <role rolename="manager"/>
        <role rolename="role1"/>
        <user username="admin" password="admin" roles="admin,manager"/>
        <user username="tomcat" password="tomcat" roles="tomcat"/>
        <user username="both" password="tomcat" roles="tomcat,role1"/>
        <user username="role1" password="tomcat" roles="role1"/>
      </tomcat-users>
    3. パッケージを作成します。
      [hellotomcat]# pkg_info.sh /opt/AXP/sdk/pkg/axp-tomcat5.vmw.1.1.1.pkg
      Subsystem ID: f463dc25-4749-48bd-b08c-25d8939c068b
      Name: Tomcat
      Version: 5.5.20
      Type: plug-in
      Description: Apache Foundation Tomcat Servlet Container
      Content:
        /opt/tomcat/common/endorsed/xml-apis.jar  (file, not-link, data)
        /opt/tomcat/common/endorsed/xercesImpl.jar  (file, not-link, data)
        /opt/tomcat/common/i18n/tomcat-i18n-en.jar  (file, not-link, data)
      <ctrl-cで止めます>
      [hellotomcat]# uuidgen
      a268b9cb-f8d8-459c-8eb8-146c0e61dabd
      [hellotomcat]# pkg_build.sh \
        --project-dir '/opt/AXP/apps/test/package' \
        --auth-bundle '/opt/AXP/keys/auth_bundle.sig' \
        --private-key '/opt/AXP/keys/private.key' \
        --name 'hellotomcat' --version '1.0' \
        --uuid 'a268b9cb-f8d8-459c-8eb8-146c0e61dabd' \
        --source-dir '/opt/AXP/apps/test/build' \
        --deps '55afcb57-65b1-4aca-aaff-cdb0fdf88df3,all:f463dc25-4749-48bd-b08c-25d8939c068b,all' \
        --disk-limit '300M' --memory-limit '128M' --cpu-limit '500'
      [hellotomcat]# cp package/pkg/hello* /var/ftp
      • ※ depsオプションでは、tomcatおよびapp-devパッケージを指定しています。
      • ※ app-devパッケージは必須ではありません。sshトンネリングを利用するため今回は指定しています。
    4. パッケージをインストールします。
      AXP>software install add url ftp://192.168.71.36/hellotomcat.1.0.pkg
    5. hellotomcatにeth0をバインドし、sshトンネリングの設定をします。
      AXP> configure terminal
      AXP(config)> app-service hellotomcat
      AXP(config-hellotomcat)> bind iterface eth0
      AXP(config-hellotomcat)> ip ssh username tunnel_root password hello
      AXP(config-hellotomcat)> ip ssh server
      AXP(config-hellotomcat)> end
      AXP> wr
      AXP> app-service hellotomcat
      AXP(exec-hellotomcat)> show ssh-server
      Application SSH Server
      Status:          RUNNING
      AXP>
      ※ sshトンネリングの設定は必須ではありません。
    6. Tomcatにアクセスできるか確認します。 例) http://192.168.71.5:8080/

     

    アプリケーションの配置

    Tomcat Managerでデプロイ

    Tomcat Managerからデプロイすることができます。warを作成してデプロイしてください。

     

    webappsにwarを配置

    Tomcatパッケージは、以下の構成で配置されます。

    /opt/tomcat/common
                shared
                conf
                webapps
                bin
                lib
                logs
                server
    /etc/rc.d/

    そのため、パッケージを生成する際、build/opt/tomcat/webapps に warを配置すれば、TomcatはWARファイルを自動的に実行できる状態に解凍してくれます。

    [hellotomcat]# pwd
    /opt/AXP/apps/hellotomcat
    [hellotomcat]# mkdir -p build/opt/tomcat/webapps
    [hellotomcat]# cp test.war build/opt/tomcat/webapps